マイホーム・住宅・不動産に関する情報サイト

住宅を取得した時の税金にはどのようなものがありますか?@

土地や家屋などの不動産を取得する時には、
次の4種類の税金を納める必要があります。

 

■建物を購入(建設)した時には、消費税がかかります。

 

■売買契約書、工事請負契約書、住宅ローン契約書などを作成した時には、
印紙税がかかります。

 

【スポンサーリンク】

住宅を取得した時の税金にはどのようなものがありますか?A

■住宅やその敷地を取得した時には、不動産取得税がかかります。

 

■住宅の所有権保存(移転)登記、借入金の抵当権設定登記をする時には、
登録免許税がかかります。

それぞれの問合せ先は?

■消費税・・・税務署など

 

■印紙税・・・税務署など

 

■不動産取得税・・・都道府県税事務所

 

■登録免許税・・・法務局

印紙税とは?

印紙税というのは、
経済的な取引によって作成された文書にかかる税金のことで、
すべての契約書の作成にかかってきます。

 

印紙税は現金で納めるのではなくて、
収入印紙を購入してそれを貼って消印することで納入します。

 

税額は次のようになっています。

 

契約書の記載金額
工事請負契約
売買契約
住宅ローン契約
100万円超 200万円以下
400円
2,000円
200万円超 300万円以下
1,000円
300万円超 500万円以下
2,000円
500万円超 1,000万円以下
10,000円
1,000万円超 5,000万円以下
15,000円
20,000円
5,000万円超 1億円以下
45,000円
60,000円
金額の記載のないもの
200円

 

【スポンサーリンク】